株式会社オミカレに入社しました!

入社エントリ

株式会社オミカレに入社しました!

2018.12.16

はてなブックマーク

現職からオファーを受けたのは夏頃でしたが、その時はオファーを一度断っていました。当時、仕事へのモチベーションが落ちてはいましたが、前職でやれる事はまだあると自分では思っていましたし、尊敬できる人達も多かったです。その状況で悩んだ結果、当時はオファーを断っています。

from 株式会社リブセンス to 株式会社オミカレ
【退職エントリー: IBMを退職して、データ解析アナリスト職に転職した理由】

退職エントリ

【退職エントリー: IBMを退職して、データ解析アナリスト職に転職した理由】

2018.12.14

はてなブックマーク

「IBMに切られても、他に転職出来るか?」 ですが、 私は、Noだと思い転職しました。

from 日本アイ・ビー・エム株式会社
48歳で会社を辞めました。今までのこと。これからのこと。

退職エントリ

48歳で会社を辞めました。今までのこと。これからのこと。

2018.12.14

はてなブックマーク

今の会社での最終的な役職は部長でした。部長といっても社員が20人ちょっとの会社なので、大会社の係長かプロデューサーくらいの立場でしょうか。私自身も作業するCGデザイナーでもあり、採用や営業、契約に雑用も担当していました。

退職をします

退職エントリ

退職をします

2018.12.13

はてなブックマーク

今流行りのTwitter転職というやつをやってみました。ついったで「転職したい!」って言ってやるやつです。 転職活動自体は去年の2~3月くらいからずるずるやっていて、4月~5月くらいは左足首の手術で若干休んでいたのですが、普通に動けるようになってからまたふわふわ再開して8月くらいに1社からオファーを頂きました。

求人に書いてあることと違うことをさせる株式会社アイビス

退職エントリ

求人に書いてあることと違うことをさせる株式会社アイビス

2018.12.11

はてなブックマーク

株式会社アイビスは、都合のいいエンジニアだけ集めて、後は切り捨てるという考えです。プロジェクトにマッチしない人でも、辛抱強く続けられる人は会社としては利益になる。優秀でなんでもできる人ならマッチしなくてもどのプロジェクトでも活躍できる人が残っている人の2パターン。

from 株式会社アイビス
4年勤めたNTTを退職して1年が経ちました

退職エントリ

4年勤めたNTTを退職して1年が経ちました

2018.12.11

はてなブックマーク

一方で彼らは綺麗なV字モデルでの開発経験はありません。 システムの仕様に関してお客様と揉めた経験もありません。 基本設計と詳細設計の境目が明確ではありません。 専業のPM/PLの芸術ともいえる美しいプロジェクトマネジメントを間近で見たことがありません。

from 日本電信電話株式会社
メルペイに入社しました

入社エントリ

メルペイに入社しました

2018.12.10

はてなブックマーク

実際入社してみてどうだったか。まず入社前に色々と聞いていたメルカリグループのカルチャーや制度について内側から見ることができ、「なるほどなー、性善説に基づく制度設計とはこういうことか、うんうん」と色々合点がいった次第です。

to 株式会社メルペイ
新卒 2 年目 webdev がフリーランスになった話、またはもう一つの退職エントリ

退職エントリ

新卒 2 年目 webdev がフリーランスになった話、またはもう一つの退職エントリ

2018.12.10

はてなブックマーク

ある日、休日出勤(サビ残ではなく、ちゃんと休日出勤申請はしてある)してタスクを消化していたとき、同じチームの営業サイド兼プロジェクトマネージャの方と偶然会ってしまい、掛けられた言葉は「本当に助かります。このチームも安泰間違いないですね」的なものだった。このときに何かが自分の中で切れてしまった。

from エムスリー株式会社
株式会社メルカリで働いています

入社エントリ

株式会社メルカリで働いています

2018.12.09

はてなブックマーク

2014年7月の終わり頃にメルカリの面接を受け、9月半ばに入社した。面接では経理の話だけでなく、メルカリでの取引経験や自分が思うメルカリの改善点を聞かれた。

to 株式会社メルカリ
富士通SEを1.5年務めて辞めた結果、得られた3つの手札

退職エントリ

富士通SEを1.5年務めて辞めた結果、得られた3つの手札

2018.12.09

はてなブックマーク

「社長-本部長-事業部長-部長-マネージャー-平社員-パートナー」という身分制度がしっかりしている会社だったので、「平社員」の身分を超えた発言や活躍ができないのが今思うと辛かったです。

from 富士通株式会社